買電ってどんなもの??

自家発電設備を持つ企業や太陽光発電システムを持つ家庭から余剰電力を買うことを買電と言います。
また電力会社が他の電力会社から電気を購入すること、一般家庭が電力会社から電気を購入することも買電です。
太陽光発電システムで発電した電気は家庭で使用し、消費電力よりも発電量が多くなれば電気は余りこれを余剰電力といいます。
余った電力は電力会社に売ることが出来、これを売電と言います。
太陽光発電システムは名前の通り太陽の光を電気エネルギーに変換しますので、太陽が出ていなかったり日照時間が短い季節は発電量よりも消費電力のほうが多くなる可能性が高くなります。
電力が足りないという場合は電力会社から電気を買うことで家の電気製品等を使用することが出来ます。
太陽光発電システムがない家庭は売電は無く買電のみを行なうこととなります。
太陽光発電システムを導入している家庭の電気料金は売電と買電の差で決まります。
売電のほうが多ければ電力会社からお金を受け取れますが、買電のほうが多いと電力会社から電力を買わなければいけません。
買電と買電の価格は同じに設定されていますが、電気料金の契約メニューはプランごとに料金単価が異なります。
つまり家庭に適したプランで契約することで買電価格を抑えることが出来、その結果売電による収益が上がるということです。
電力会社からの買電価格を少しでも抑えたいという場合は、現在の契約料金プランが適しているものなのか確認してみると良いでしょう。http://xn--w8j6cq18irfclxk6cr2oi94fih6ccbb.jp/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ